言語切り替え

1/16, ワークショップワークショップ, センター棟107号室

このワークショップでは、障がい児との共同創造による創造性豊かなパフォーマンスと映像作品を紹介、包括的アプローチの方法論を共有します。最終的に、参加者は共同創造のコンセプトを各自思案し、発表します。 講師:エリー・グリフィス スコットランドを拠点に活動するパフォーマンス・メーカー。 ...

1/19, ワークショップワークショップ

このワークショップでは、新しい演劇創造のために世界中で行われているインクルーシブを中心にした芸術的創造過程を共有し、その実践を行います。 講師:ダリル・ビートン イギリスを拠点に活動する俳優・演出家。アシテジのネットワーク、IIAN(国際インクルーシブアーツネットワーク)の主要メ ...

1/18, ワークショップワークショップ

それぞれの個性や経験を生かして振り付けを行うとはどういうことか。南アフリカの演出家、ジェイン・バッツォフィンによる、コレオグラフィーのワークショップ。頭で考えるのではなく、考えるからだ、応えるからだを発見し、同じような動きの創造に陥ってしまうパターンを打破し、パフォーマーの身体が ...

1/17, ワークショップワークショップ, センター棟107号室

サーシャ・アセンティック オリヴェラ・コヴァチェビック・クルンヤスキ フロシナ・ディモヴスカ ナタリア・ヴラディサヴリエヴィック ダリボア・シャンドル 「Little Party of Missed Dance(失われたダンスの小さなパーティー)」という、障がいを持ったアーティス ...

1/17, 1/18, ワークショップワークショップ, 中練習室43

友情、遊び、色々な形を作るといった、「長靴をはいた四人組」の世界を体験する、同作品出演者4名によるワークショップ。 講師:インディペンダンス 障がい者と健常者が楽しみ、表現し、ダンスを通して彼らの可能性を最大限に発揮することを目的とするインクルーシブ・ダンス・カンパニー。我々のミ ...

1/20, ワークショップワークショップ, 中練習室41

芸術、とくに演劇は哲学対話と相性がいい。どのようなコンセプトで作品を作り、それをどのように深め、明確にして伝えるか――これを演出家や監督が一人で考えて伝えるオーソドックスなやり方もあるが、全員でアイデアを出し合い、鍛えていく対話的なやり方もある。対話的手法の利点は、“全員による演 ...

1/19, ワークショップワークショップ, センター棟106号室

「生活の中の"モノ"になって動いて遊ぶ」ってどういうこと? 紙、スポンジ、納豆、電気・・・。私たちの生活の中にはたくさんのモノで溢れています。普段、何気なく使っているモノってどんな動きをするのだろう?動かされるとどんな反応をするの? いろいろなモノの動きを真似して遊び、最後はそれ ...