2020 in tokyo

言語切り替え

1/15, 1/16, 海外招聘作品パフォーマンス, 第1体育室

3人の友だちの生活に突然の変化が訪れ、3人は大混乱! それでもどうしたら3人で遊び続けられるかあの手この手を考えます。自分以外の他の人々のためだけにもし世界が作られたとしたら? もし自分だけが取り残されてしまったら? そんな疑問を投げかける、心優しい可笑しな、かつメッセージのある ...

1/16, 1/17, 国内作品B作品, 人形劇, ベイビーシアター, 第2体育室

ここは夢の森。のんびりゆったり時が流れています。このおしばいにはセリフがありません。 おしばいの流れは、楽器の効果音で表されます。 かえるくんや蝶々さんが、子どもたちのお席に遊びにいきます。 ほら、おててにとまったよ。 生の動き、生の音が、子どもたちの五感を刺激します。 「みんな ...

1/16, 国内作品演劇, B作品, ダンス, 音楽, ベイビーシアター, 第2体育室

日本児童・青少年演劇劇団協同組合 『からだうた しずくのひ』 はらだまほ(山の音楽舎) ふわり ふわり くもひとつ ザカザカ ザンザカ あめふたつ ゆったり ゆらゆら 流れ出て ざば〜んと 押し寄せ うみみっつ 小さな小さなお客さんと そのお母さん、お父さんのためのパフォーマンス ...

1/16, ワークショップZ券, ワークショップ, センター棟107号室

このワークショップでは、障がい児との共同創造による創造性豊かなパフォーマンスと映像作品を紹介、包括的アプローチの方法論を共有します。最終的に、参加者は共同創造のコンセプトを各自思案し、発表します。 講師:エリー・グリフィス スコットランドを拠点に活動するパフォーマンス・メーカー。 ...

1/16, シンポジウムZ券, シンポジウム, センター棟106号室

学習障害のある人たちとインクルーシブな舞台芸術作品を創造するための独特なメソッドについての講義を行い、セルビアでの創造プログラム「芸術と包括性」によって制作された、学習障害を持つアーティストが出演するダンス作品と演劇作品を映像で紹介します。講義の最後では参加者からの質疑応答を行い ...

1/16, シンポジウムZ券, シンポジウム, センター棟101号室

講師:森田明 手話通訳付き ろう児は、障害者? いいえ、「目の子ども」。そして「手話を使う子ども」です。 聞こえる子どもに日本語があるように聞こえないろう児は日本手話があります。日本手話という言語を使用する少数者です。 ろう者の生き方とはどういうものか、ろう者のことを知っていただ ...