言語切り替え

1/17, 1/18, 海外招聘作品インスタレーション, 中練習室42

白い部屋に入ってきた人は誰でもアーティストであり、彼らがこの部屋で行うことはすべてアート。このプロジェクトは映像作家・ジェラルディン・ヒーンリーと深刻な自閉症を抱える、エジンバラにあるセイント・クリスピン・スクールとのコラボレーションによるもので、最終的にはイマジネート・フェステ ...

1/17, 1/18, 海外招聘作品演劇, 中練習室43

この作品は毛糸の帽子や、スカーフ、4人の人生が詰まったテント、そして長くつとともに紡がれる, ちょっと変わった冒険の物語です。 インディペンダンス:障がい者と健常者が楽しみ、表現し、ダンスを通して彼らの可能性を最大限に発揮することを目的とするインクルーシブ・ダンス・カンパニー。我 ...

1/18, 1/19, 海外招聘作品ダンス, 小ホール

障がい者と健常者のアーティストによるダンス作品。ピナ・バウシュなど、ダンス界に大きな影響を与え、変化を起こした、20世紀のドイツのダンス・シーンに焦点を当てて、ダンスを通して、障がい者の立場、他人や個人、そして社会との関係性、「自分」という概念に疑問を投げかけます。 Concep ...

1/18, 国内作品ダンス, 音楽, ベイビーシアター, リハーサル室

児演協ベイビーシアタープロジェクトがおくる、最も小さな観客のための舞台芸術第二弾。 ポーランドから2人のアーティストを招き、クロマチックアコーディオン奏者かとうかなことともに、生まれてはじめての劇場体験の「空気」を感じてみませんか? 演出:Alicja Morawska-Rubc ...

1/18, 1/19, 国内作品紙芝居, 小ホールロビー

「紙芝居」といえば紙でできているものですが、なにぬの屋の紙芝居は、ぜんぶ布で出来ています。だから「布芝居?」でも、昔の紙芝居屋さんのように、近所の公園やお祭りにやってきて、その場にいる大人と子ども、通りかかりの人も巻き込むようなワクワクした空間を作りたくて始めました。だから移動式 ...

1/18, ワークショップワークショップ

それぞれの個性や経験を生かして振り付けを行うとはどういうことか。南アフリカの演出家、ジェイン・バッツォフィンによる、コレオグラフィーのワークショップ。頭で考えるのではなく、考えるからだ、応えるからだを発見し、同じような動きの創造に陥ってしまうパターンを打破し、パフォーマーの身体が ...

1/17, 1/18, ワークショップワークショップ, 中練習室43

友情、遊び、色々な形を作るといった、「長靴をはいた四人組」の世界を体験する、同作品出演者4名によるワークショップ。 講師:インディペンダンス 障がい者と健常者が楽しみ、表現し、ダンスを通して彼らの可能性を最大限に発揮することを目的とするインクルーシブ・ダンス・カンパニー。我々のミ ...

1/17, 1/18, シンポジウムシンポジウム, センター棟101号室

~全ての子どもたちと、より深く誠実に出会うための学び~ 講師:ジャッキー・e・チャン 三年目を迎えるジャッキー氏のレクチャー。発達とアートの関係性を最新の脳科学から紐解きます。今回は発達障がいを持つ子どもたちの実際的課題について、2日間に渡り学びます。 ①17日:広汎性発達障害と ...