言語切り替え

風の精のように/セルビア
ペル・アート / サーシャ・アセンティック

障がい者と健常者のアーティストによるダンス作品。ピナ・バウシュなど、ダンス界に大きな影響を与え、変化を起こした、20世紀のドイツのダンス・シーンに焦点を当てて、ダンスを通して、障がい者の立場、他人や個人、そして社会との関係性、「自分」という概念に疑問を投げかけます。

Concept and artistic direction: Saša Asentić
Choreography and artistic collaboration: Natalija Vladisavljević, Alexandre Achour and Olivera Kovačević
Crnjanski
Performers: Natalija Vladisavljević, Jelena Stefanovska, Snežana Bulatović, Dalibor Šandor, Marko Bašica,
Frosina Dimovska, Dunja Crnjanski, Alexandre Achour, Olivera Kovačević Crnjanski and Saša Asentić
Poems: Natalija Vladisavljević

上演時間:90分
観客定員:300名
日本語訳あり

1月18日(金)  開演:18:30
1月19日(土)  開演:14:00

国立オリンピック記念青少年総合センター 小ホール