2020 in tokyo

言語切り替え

閉会式

1月20日(日) 小ホール 入場無料

芸術監督・ふじたあさや ご挨拶

パフォーマンス 穴澤雄介 ヴァイオリン演奏

心臓と目に障害を持って生まれ、高校時代にほぼ視力を失う。筑波大学附属盲学 校高等部本科音楽科、同専攻科音楽科を卒業。NHKラジオの番組テーマ曲に『ようこそ楽登(がくと)王国へ』、『いちご畑と青い空』が採用される。2014年には初の著作、『見えなくなったら希望が見えた』(KADOKAWA)を出版。
http://www5b.biglobe.ne.jp/anazawa/profile.html

Dancing Lucky Boy, Soushin 想真 ダンスパフォーマンス

発達障害(自閉症)の宇宙人ダンサー・振付師。身体表現・狐舞。極度の感覚過敏症。元ホームレス。宇宙人150億才。性別無し(社会的には男子)。ベトナム・パレスチナ・フランスなど各国のフェスティバルに出演。舞台出演多数。テレビ(日テレ24時間テレビ・NHKバリバラなど)や映画「私はワタシover the rainbow」に出演。
https://soushin.themedia.jp

高校生シンガーソングライター Ko-sei 演奏

学校での出来事や感じたことを歌にしている。ピアノ弾き語りで横浜を中心にライブで活動、CDリリース等、精力的に活動している。夢は日産スタジアムでライブをすること。物ごころがついた頃より、おもちゃのピアノわ弾き始め、6才よりクラシックピアノを習い始める。10歳より、自作曲を作り歌い始める。
https://ko-sei2003.wixsite.com/mysite/profile

ただじゅん 獅子舞

こどもを対象にした舞台上演と表現あそび、コミュ二ヶーションをうながすあそびの活動を民俗芸能を通して展開する。
http://tadajun.cocolog-nifty.com

プログラムディレクター 大谷賢治郎
2020年アシテジ世界大会の紹介とご挨拶

2019-01-181/20