2020 in tokyo

言語切り替え

レクチャー&映像プレゼンテーション 「芸術と包括性」
ペル・アート/サーシャ・アセンティック/セルビア

学習障害のある人たちとインクルーシブな舞台芸術作品を創造するための独特なメソッドについての講義を行い、セルビアでの創造プログラム「芸術と包括性」によって制作された、学習障害を持つアーティストが出演するダンス作品と演劇作品を映像で紹介します。講義の最後では参加者からの質疑応答を行います。

 

講師:サーシャ・アセンティック(ドイツ / セルビア)
パフォーマンス作家・振付家。2007年以降、世界各都市の劇場で作品を上演している。個人と社会の関係性の思索を作品創造の原点とし、社会的な振付とはどういうものか探求している。2016年、彼の作品はドイツ・タンツプラットフォーム(ドイツのダンス分野で重要とされるもの)に選ばれ、2017年には、ベルリンにある国際演劇学校により、ドイツで最も重要な振付家50人の1人として選ばれた。

参加者数 : 40名
時間:2時間

1月16日(水) 16~18時

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟106号室

Z券参加費1,000円
チケット予約
フェス事務局のみ取扱 TEL 070-4135-6744
もしくは「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。